歯科助手の年収を条件別で比較すると

想定される、歯科助手の平均年収は、だいたい250万円程度だと思われます。

ひと月の歯科助手の平均給与は一般事務より2万円から3万円高い17万円から18万円程度ですから、賞与(ボーナス)は2ヶ月分くらいが一般的なので、1ヶ月平均18万円前後であれば、このくらいの年収という事で納得できるでしょう。


条件が良ければ経験を積んだ人で300万円以上になることも可能のようです。


やはり普通の一般事務などをしているよりずっと良い年収であるということで、歯科助手は人気があることがわかります。


また、経験だけでなく、年齢や地域、勤務先によっても年収は違いがあるので、歯科医院の募集を見るとバラつきはあります。


年収の違いは、正社員、パート、アルバイト、派遣といった雇用形態によってもあります。


正社員と年収を比べるとパート、アルバイト、派遣などは賞与(ボーナス)がないのが一般的なので、低いのは仕方ありません。


正社員がダメでも歯科助手の派遣であれば、賞与(ボーナス)がなくても時給がかなり良いので正社員と同等の年収が望めるようなので、年収を高めるには歯科助手の派遣登録も有効だとおもいます。

歯科助手の通信講座は各社いろいろ!

ユーキャンの歯科助手講座
通信講座のユーキャンで歯科助手を目指すあなたに自信を!
ニチイの歯科助手講座
介護・医療関係に精通しているニチイだからできること沢山。
歯科助手の講座ならシカトル
シカトルの複数ある通信講座を無料で一括資料請求。