歯科助手の試験はいろいろあります

歯科助手の試験ですが、実は国家資格が必要ないので、国家試験などを受ける必要はありません。

歯科助手の試験ですが、実は国家資格が必要ないので、国家試験などを受ける必要はありません。

しかし職場では、専門的な知識や技術を必要とする場面も多いので、

民間団体が独自の審査基準を設け任意で認定する、

歯科助手になるための資格(試験)がいくつかあります。

歯科助手の資格を持っていれば、就職や就職後の待遇にも高い評価が期待できます。

歯科助手の検定試験を知っておきましょう。

【歯科助手認定制度】 社団法人日本歯科医師会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

社団法人日本歯科医師会が認定する制度。

日本歯科医師会の承認を得た各都道府県歯科医師会や専門学校で、

所定の科目(歯科臨床概論、歯科事情、社会保険の概要や実務、

文書・物品の管理等)を受講・修了することで取得できます。

講習の実施時期、受講料、どの資格種別(乙種・甲種)の講習会を開催するかは

各都道府県歯科医師会や専門学校で異なるので、受講したい方は事前に

最寄りの都道府県歯科医師会へ直接問い合わせる必要があります。

・乙種第一(診療室での仕事の知識や技能の習得…52時間の講習)

・乙種第二(事務的な仕事の知識や技術の習得…40時間の講習)

・乙種第一・第二の両方取得(両方を合わせた内容…72時間の講習)

・甲種(さらに高度な知識や技術の習得…400時間の講習)

歯科助手検定(試験)】 医療福祉教育振興グループ 日本歯科助手検定協会認定

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

日本歯科助手検定協会の認定する検定。1級〜3級まであります。

●受験資格

特になし。但し飛び級受験はできない。3級より受験。

●試験内容程度

3級…歯科医療の基本的な知識があり、簡単な診療方法を把握している。

2級…歯科医療に対して広い知識があり、診療方法の応用が身についている。

1級…歯科診療に対する認識が深く、診療体制について正確・迅速な対応ができる。

●試験時間

3級…60分
2級…60分

1級…60分

●受験料

3級…4,000円
2級…5,000円

1級…6,000円

【歯科医療事務検定】 医療福祉教育振興グループ 日本医療事務検定協会認定

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

日本医療事務検定協会の認定する検定。1級〜3級まであります。

●受験資格

特になし。但し飛び級受験はできない。3級より受験。

●試験内容程度

3級…医療保険制度等が理解でき、基本的な治療内容を把握し、

明細書(レセプト)正確に記入することができる。
2級…応用的な治療を把握し、明細書(レセプト)に正確な記入ができる。

また治療内容から病名を判断することができる。
1級…請求事務を幅広くこなせる深い知識・技能を有し、

あらゆる治療内容の点数算定について広く理解できる。

●試験時間

3級…120分
2級…120分

1級…120分

●受験料

3級…4,000円
2級…5,000円
  1級…6,000円

【医療事務管理士? 技能認定試験】 技能認定振興協会認定

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

技能認定振興協会が認定する検定。

●受験資格

特になし。

●受験科目

歯科医療事務/実技試験・学科試験(両科の受験)

●試験日・時間

試験日/奇数月の第4土曜日(年6回実施)
試験時間/実技試験3時間・学科試験1時間

●試験内容

(1)実技試験/診療報酬証明書の作成…3問
(2)学科試験/筆記(択一式)…10問

●試験会場

日本医療事務センターの指定会場、受験申請のあった専門学校、各種学校等

●受験料

6,000円(税込)

主な歯科助手の試験をあげましたが、歯科助手の資格を持っていれば、就職や就職後の待遇にも高い評価が期待できます。

歯科助手の通信講座は各社いろいろ!

ユーキャンの歯科助手講座
通信講座のユーキャンで歯科助手を目指すあなたに自信を!
ニチイの歯科助手講座
介護・医療関係に精通しているニチイだからできること沢山。
歯科助手の講座ならシカトル
シカトルの複数ある通信講座を無料で一括資料請求。