歯科医院と歯科クリニックの違いについて

歯科医院と歯科クリニックの違いについてですが、名称が違うだけでやっていることは同じです。

最近ではホワイトデジタルクリニックとつけるところもあります。それにはいろいろ説がありますが、いちばんの理由としては、時代背景にあった名前を付けるからだと思われます。

昔から開業しているところはそのまま歯科医院として行っていたり、ごく一般的に無難でお年寄りでも分かる意味でそうしているようです。

最近は開業される若い先生は歯科クリニックやデジタルクリニックとしています。おしゃれで横文字の方がかっこいいという理由のようです。

名称が歯科医院と歯科クリニック、ホワイトデジタルクリニックと違うだけでも一般の方が歯科医院に対するイメージがかなり違うようです。

歯科医院と聞くと思い浮かぶのは、むし歯の治療をするところ。

歯科クリニックはホワイトニングなど歯をキレイにしてくれるところ。

デジタルクリニックは電気治療で取りいれている歯科。

このようにイメージされてもおかしいことではありません。感じ方は人それぞれなので・・・。

でも、先ほども申し上げたとおり歯科のやっている業務には違いはありません。

しかし、最近は、美容・インプラント・矯正のみの保険証のいらない歯科医院というとこもあるようです。その理由は儲かるからです。

昔のように歯科医院は、むし歯の治療をするだけではなく、芸能人やスポーツ選手をはじめとした歯の「美容・インプラント・矯正」に関する歯のケアが人気で需要があることから、これからの歯科医院は専門性になっていく方向に、特に都心部ではあるのでしょう。

ちなみに矯正は18歳までは矯正医と口腔外科医の診断によりますが保険適用もあります。

18歳を超えると美容の部類になってしまうので、適用外になります。

こうした、「美容・インプラント・矯正」に関する歯のケアを行う歯科医院の差別化で名称を「ホワイトデジタルクリニック」と意図的に日本人に特別なんだと思わせたい考えで付けているのかもしれません。

歯科助手の通信講座は各社いろいろ!

ユーキャンの歯科助手講座
通信講座のユーキャンで歯科助手を目指すあなたに自信を!
ニチイの歯科助手講座
介護・医療関係に精通しているニチイだからできること沢山。
歯科助手の講座ならシカトル
シカトルの複数ある通信講座を無料で一括資料請求。