歯科助手の医療行為は禁止です

歯科助手は医療行為に当ることは一切できません。

免許をもっていないと医療行為はできません。歯科助手は医療行為に当ることは一切できないので、患者さんの口腔内に触れることは許されていないのです。

それだけではありません、治療以外でもレントゲンの撮影、カルテの診察内容の記入、セメントを盛る、硬化材の取り除きなども禁止されています。

他にも歯科助手はできない仕事内容があるので最低限の歯科助手ができる仕事内容は知っておかないと、知らないで違法行為を行っていたということになり、歯科助手自信が罰せられることが無いともいえません。

できるのはレントゲン室の誘導、カルテは日付や名前の記入、セメント練までと歯科助手が微妙にできることとできないことがあります。

一般的に歯科助手ができることは先生(歯科医師)が行う患者さんへの治療がスムーズにいくように、治療のアシスタントをしたり、患者さんの誘導、患者さんへの説明・注意や、イスをたおしたり、ライトを当てたり、バキュームで唾液を吸い取ったり…といった治療中の先生(歯科医師)の手助けをします。

また、治療のアシスタントのほかに、受付や電話対応、器具の洗浄や手入れや歯科用品や薬品の在庫管理・発注、カルテの情報をパソコンに打ち込むなどそれぞれの歯科医院によっても異なりますが、歯科助手にはさまざまな仕事が任されます。

くれぐれも歯科助手は医療行為や違法行為は行わないことです。それと、自分を防衛するためにも歯科助手の基礎知識は必要だと思います。

歯科助手の通信講座は各社いろいろ!

ユーキャンの歯科助手講座
通信講座のユーキャンで歯科助手を目指すあなたに自信を!
ニチイの歯科助手講座
介護・医療関係に精通しているニチイだからできること沢山。
歯科助手の講座ならシカトル
シカトルの複数ある通信講座を無料で一括資料請求。