歯科助手に国家資格は必要なのか知りたい方はコチラ

歯科助手に国家資格は必要ありません。

歯科助手になるためには国家試験などを受ける必要もないわけです。

国家資格とは、国の法律に基づいて国や国から委託を受けた機関が実施する

国家試験などによって、個人の知識や技能が一定の段階以上に達していることを

国によって認定された資格です。

 

歯科助手も歯科医師のサポートをするので、よく「歯科衛生士」と混同されるようです。

歯科衛生士になるためには歯科衛生士養成専門学校、短期大学の歯科衛生士養成科や

大学の歯科部の歯科衛生士養成課程などで教育を受けたのち、

厚生労働大臣が行う国家試験に合格し、国家資格を取得しなければなりません。

 

歯科助手は、未経験者でもチャレンジできる仕事です。

矯正歯科や小児歯科、審美歯科(ホワイトニング)など歯科医院にもいろいろあり、

歯科助手の需要も多いので、活躍の場も増えています。

 

また歯科助手は正社員だけでなく、アルバイトやパート、派遣など雇用形態も様々で、

自分の希望に合う求人募集が他の職種と比べて多いことから、人気も高い仕事です。

 

歯科助手は国家資格などの取得なく就職できますが、

職場には専門用語が多く飛び交うので、普段の生活では得ることの出来ない

専門の知識や技能を前もって習得しておくといいかもしれません。

 

歯科助手として頑張ってやっていきたい人や、

事前に少しでも歯科助手という仕事を知っておきたい人は、

ある程度の知識があったほうが就職時にも有利ですし、

歯科医院にとっても即戦力となりますので優遇されることもあります。

 

民間団体が独自の審査基準を設け任意で認定する、

歯科助手になるための資格がいくつかあります。

 

やはり職場では、専門的な知識や技術を必要とする場面も多いので、

歯科助手の資格を持っていれば、就職や就職後の待遇にも高い評価が期待できます。

歯科助手の通信講座は各社いろいろ!

ユーキャンの歯科助手講座
通信講座のユーキャンで歯科助手を目指すあなたに自信を!
ニチイの歯科助手講座
介護・医療関係に精通しているニチイだからできること沢山。
歯科助手の講座ならシカトル
シカトルの複数ある通信講座を無料で一括資料請求。